プロフィール

桑原裕子(KAKUTA)

Author:桑原裕子(KAKUTA)
愛を乞う人、乞わぬ人。
とりあえず、デエトに出かけなさい。

◎バラ吐露外伝によるデエトの心得◎
その1:デエトは素敵男子に限るべし
その2:デエトは割り勘にすべし
その3:デエトの日時指定は任せるべし
その4:デエトの場所設定も任せるべし
その5:デエトは本気で舞い上がるべし

少々の開き直りと 大いなる勘違い
消せないブス根性と 果てなき乙女心
そしてラブ……
デートに要するパーツは揃った
欲深き女のデートリポーツ
バラコ胸中吐露部屋外伝!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_2393.jpg

合コン。それは終わらない青春。
合コン。それはサザンのごときオールスターズ。
合コン。それはスターボウリングのごとき真剣勝負。
合コン。それは花火のごときつかの間の儚さ。
合コン。それは打ち寄せる波のごとく心揺れる時…!

個性派俳優&女優を夏の夜にかき集めたオールナイト・合コン。
いつまでも続くかに思われた長い夜は、幹事による数々の計算ミスにより予想外の展開へ転びながらも、賑やかに華やかに、更けてゆきました。

owaranu1.jpg

夏のスペシャル企画とはいえ、あまりに長い連載となったこの夏合コン編。
時々書いている自分すらもこのブログの行き先を見失いつつ、また時にアメブロへ浮気したりもしながらなんとかラストへ辿り着き。
そうした課程に於いて、このFC2ブログの機能について改めて知らされることも多く、気まぐれにコメントを承認制にしてみたり、
こんなの→hakushugamen.jpgを、つけたりしてみました。「ブログ拍手」というものらしいんですが、つけたはいいけどこれ・・・何なの?!
すいません、つけただけで、意味はわからないの!!
なんかいいことあんの?わからない!教えて誰か!

そして、ブログ記事を「グルメ」「日記」「旅行」など、様々なジャンルにカテゴリ分け出来ることも、最近知りまして。知るやいなや、いそいそと「演劇」にカテゴライズしたわけですが、じゃあ今まで私のブログはどこに分類してたんだ?とこれまでのカテゴリを確認してみますと…、

「桑原裕子のデエトブログ」
ジャンル→日記
対象→小学生

・・・いったい私はこのブログを、
Image544.jpg
今まで誰に読ませていたのでしょう。

まったく自分のコトながら自分がめっきりわかりません。こんなもんをうっかり読んだ小学生に、私は何を伝えられたのやら。
でもコレだけは言わせて小学生。
オトナはね、楽しいことが
middle_1152456896a.jpg
I・P・P・A・Iですよー!!!

というわけで、私のブログ成長記はこの辺にして、先日合コンに参加した皆さんから感想が届きましたので、お伝えしてゆきましょう。
nagaiyoru6.jpg
そして合コンの時は言えなかった、いや、あの一夜を超えて変化した、彼/彼女らの真の告白を…聞いてみようじゃないですか!

◇◆チャリT企画 熊野善啓の告白◇◆
IMG_2163.jpg
最年少、小室系・草食イケメンの熊野君。
まず最初に、彼から届いた感想メールが異様に長文であったことをお伝えしておきます。
真面目さの表れなのでしょうか、しかしその文章は熱い、暑苦しいほどに熱い内容でした。

だいたいなんかもう、メールの件名が、

件名:【長文】合コンの感想と惚れた相手について:熊野【注意】

2ちゃんのスレタイみたいです!!

16.jpg
あんまり長いんで、斜め読みでお楽しみください。

「何だかモヤモヤしております。ここ何日か。はい。それはさておき……
合コンは、すこぶる楽しかったです!なんか始まる前の日から緊張と楽しみでニヤニヤしてしまったり、上手くいったりしたらどうしよう、爆発しそう、とか妄想が止まらず大変でした」

モヤモヤしているのと、合コンの話は別物でしょうか。
ともかく、彼の登場時のテンションからは想像つかない高揚ぶりだったようです。

「当日は、完全に浮かれてました。ギアが常にトップ。あんなに見た目モッサリしていたのに、イケイケでした。イケイケって。いくつだよって感じですけど。でも、あの時確かに僕は、イケイケでした。」
確かにクマは、フライデーズ登場から臆することなく会話に参加し、
そのイケイケドンドンな(これも古い)ノリを見せていましたっけ。
しかし、イケイケだったなら見た目のモッサリもその内情に合わせてくれば良かったのにって思います。

kumano11.jpg
「第一印象では、皆さん年上ということもあり、綺麗だなぁとぼんやり外野的な立場で思っていました。四條さんは話しやすくて弾けてるし、笹峯さんは綺麗で大人だし、ゆらこさんは目キラキラでキュートだし、美月さんは美肌美形の魔女だし、久代さんは長い黒髪が素敵でミステリアスだし、イギーさんは……良かったと思うし。
バラさんも人が悪いなと思いました(迷いすぎるという意味で)。。。」

全員を褒めながらも、普段一番親しい異儀田は落としどころみたいな扱いです。
が、彼の好みのタイプは「木村カエラ」だとか。
そう考えると、異儀田が一番近いんじゃないノオ?

「ただやはり人間、波長というものがありまして。なんとなく「この人が好き」というメインの可能性は割と早めに決まりまして、そのメインを気にしつつ未知の可能性も探る……人生初の合コンにてその奥深さが垣間見えた瞬間でありました」
口調がいちいちジジくさいんですが、つまりは、トップ1のお気に入りは早い時点で見えてたんですね。

「合コンて、ええもんやなぁ……。」
いきなりエセ関西口調です。
そしてここから何故か急に三人称の小説文体になります。

「しみじみと、夜が明け切らない浜辺と手元で元気に光る花火を見ながら、熊野は思った。
めっちゃ、好きになってる………。


いつのまに?

「だから熊野は、ねるとん的なアレの時、自分が一番目であることを特に嫌だとは感じなかった。むしろその引きに、見えない力を感じた。
イケる……!!


IMG_2310.jpg
どこで、なにゆえ、「イケる」と思ったのやら、その理由は書かれてないわけですが、熊野君の熱い三文小説は続きます。

「人は皆、生まれついての博打打ち。
そんな言葉が、歌舞伎町の雀鬼から呟かれたような気がしないでも無い、丁度その時。
あ、……はい。(二人手を握る)」


いつまで続くのでしょう、これは。
歌舞伎町の雀鬼がなぜ湘南の海辺で呟いてくれたのか、その理由は知るよしもありません。

「すっかりと日は上り、爽やかな一日のはじまりを告げている。二人にとって初めての朝だった。生きている実感が手の平から伝わってくる。
ワシらの冒険は…まだまだこれからじゃッ!!
---熊野先生の次回作にご期待下さい


文学小説のノリかと思いきや、
ジャンプみたいな終わり方です。
あの・・・熊野君、これって感想なの?
打ち切り連載のような唐突な終了ですが、まあもう、長いんでこれ以上いいです。
それでは熊野先生、お気に入り、聞かせてもらってよかですか?

「僕の意中の相手は、
しじょうさん四條 久美子さんです!」

揺るがず!!

「初めに二言三言話した時点で、かなりグッと来てましたね(笑)
あーもう可愛過ぎるッッってなってて、ドライブ中のフリーダムさにも魅力を感じました。車移動の時になんだかんだで同じ車だったことも関係しているのかも知れません」

IMG_2018.jpg
そうなんです。
二人は最初に店へ到着したときからとなり同士。ラウンドワンへ向かう車も、江ノ島行きの車も一緒でした。第一印象のバラさんチェック時にも確か彼は、
ボウリングよりドライブが楽しい、と言っていましたね。
「ねるとんも手繋いでくれたし …というような感じで幸福感でいっぱいだったんですが。それはもしかしたら、僕だけだったような気がしています。
何故って?
よくよく考えてみれば、フライデーズの時点で、"運命"は決まっていたのかもしれない、ということです。ある意味、このメンツを揃えた時点で」

また出たよこのワード、運命。
男の子って、よくよくこの単語が好きなんですね。
でもこれって、
「このメンツを揃えた時点で、恋に落ちる運命」というより、
「このメンツを揃えた時点で、僕だけが浮かれてしまう運命」を指しているの?
運命を覆すほどの魅力…良い目標が見つかりました。これからも精進致します」
運命の矛先がどこなのかわからずじまいですが、彼の四條へ向けた熱い想いだけは、痛いほどに伝わってきた気がします!

ともあれ熊野君、合コン参加ありがとう!!

☆熊野君の出演情報
チャリT企画「プレイバック Part3」
10/30(金)~11/3(火・祝)
@王子小劇場

◇◆ペテカン 四條久美子の告白◇◆
sijou11.jpg
さあ、クマからの熱烈なラブコールを受けた四條に、早速聞いてみることにいたしましょう。
「今一度男性陣に思いを馳せてみたよ」とのことでまずは男性一同への感想を寄せてくれた四條ですが、やはり最初に言っておくと、この人の感想メールは、
熊野君以上に長かったです。
ご覚悟の上、お楽しみください。

sijo12.jpg
「私にとって一番ドラマティックだったのは
マエタケとのミラクルな再会でした。
今回の合コンが初対面のつもりだったのに、まさか二年前新宿駅で私が唐突に話しかけた男性だったとは誰が想像できたでしょーか的な、はっきし言って作家だってあまりに出来すぎた展開で書かないよね」

確かにこれは、今回の合コン一番のミラクルマジックと言える出来事。しかしみんながその偶然に驚きつつ、同時に、
「知らない人にいきなりチラシ渡すってスゴイネ・・・」と、
四條の行動そのものにも驚いていたこと、お伝えしておくネ☆

「そんな恋に落ちるしかない胸キュンな再会だったはず、なのにマエタケ、私に対しての態度がひどくさっぱりしてました。
これに一番驚きました」


あ・・・そうなの?
確かにそういわれてみや、四條の「聞いて聞いてー!」みたいなノリに対し、マエタケは割ととドライなノリではありましたが。

「運命的再会を果たし、ボーリングペアも一緒になったにも関わらず。
同じレーンでナリがミーリンにアドバイスしてるラブラブな光景が羨ましくて、私もマエタケに何度かアドバイスを求めたら
「君は野性の勘で投げた方が上手くいくよ」
の一点張りでまるで珍獣扱いでした。


か、かわいそう!

「しかもマエタケの投球の際に間近で応援しようとぴったりくっついたら
「うん、球当たるよ、危ないから離れて。」
と突き放されました。
まぁこの件に関しては私も邪魔だったなあと反省してるよ


それは、当たり前!

同情すべきかとも思いますが、確かに四條さん、気がつきゃ
レーンでこんなんなったりして↓
IMG_2182.jpg
放し飼いの日本じゃ飼っちゃいけない類の動物みたいでした。
「私が第一印象で選んだたっちゃん、本当にうちのお兄ちゃんみたいでほっとする存在でした。
汗っかきなとことか包容力ありそうな見た目とか。
大好きです。
ただ、兄の域を脱せない親近感は否めないの…」


おい、最初っからソレ前提で選んでおいて、そりゃねえだろ。ブラコン的なラインで恋が始まるのかと思ってたじゃないか。

お次は、気になるクマへの感想です。
「江ノ島で手を繋いで波打ち際を歩いた可愛い年下のクマ、しゃべり方や居ずまいが量販店の店員みたいな対応のクマは、まるでドンキホーテの店員と恋に落ちるような
なんのことでしょうか。

そういや、花火を買いにあのジャングルへ寄った際、ウロウロしているクマをうっかり店員さんだと見まごうたと四條が盛り上がっておりました。
そういった意味ではクマさん、ラウンドワンへ行ったら、
PICT0078.jpg
ラウンドワンの店員さんみたいでした。
「なんだろうな、店員並みに丁寧で優しかった。足についた砂を洗う時に、バランスを崩した私を包んでくれた温かい腕はドキドキしました。
そしてその腕が私より細くて白くてびっくりしました

その気持ち、ちょっとわかります。
自分の憧れる肉体パーツを男子が持ち合わせたりすると、ちょっと驚きますよね。私もよく馬場(KAKUTA)に衣装を貸すのですが、私の貸したズボンのウエストがゆるゆるだったりすると、この人と恋に落ちることは一生ナイであろう、と無駄に遠い目になってしまいます。

「ぺーとともはようやく帰りの車中で会話が弾みとても話しやすい男性でした。
でも帰りの車中ってのはすでに合コンの雰囲気から解放されたような間柄で話したので、まるで芝居後の居酒屋での打ち上げみたいな感覚でした。
ハンサム大仏のナリ、さりげなく6年前の共演時に鼻に血のついたティッシュ詰めた私とナリのキスシーンがあったこと、彼覚えてるかな。ナリに関しては昔から従兄のお兄ちゃんみたいだなーという感覚で、あと脱ぐとどこまで色黒なんだろうって思います」

いとこのお兄ちゃんといいつつ、脱ぐとどこまでという発想に至るあたり、やはりどこかしらブラコンの気があるのでしょうか。
ちなみにそんなキスシーンがあったのはKAKUTAの公演です。

「あとはどんな場面もだいたいバラにくっついて私もキャーキャーハシャイでたら
「ついてくるな」「男のいる場所へ行きなさい」
って注意を受けてました。
私の性質が明るい外灯に寄り集まる虫のような、その場で一番盛り上がってる人のところに近寄って行く傾向があってね。
そう考えると、プロデューサーであるバラがことあるごとに夏休みの子供のように一番ハシャイで見えて、ガキ大将みたいな彼女に憧れました」


15.jpg
人一倍騒がしい、喧しい、そんなかしまし娘なようでいて、隠れ人見知りを隠しきれず私のそばにまとわりついていた四條。
人のこと外灯だの、ガキ大将だの、ガの字責めですが、
君を独り立ちさせようとした母心、わかってチョウダイ。
(あとうっとおしかったことも)
そしてわたしが一番盛り上がってる人に見えてたなら、それはそれで問題ですね。

さ、ひとまず全員にコメントを投げたところで、そろそろお気に入りの男性を伺いたいんですが…。

「本気の本音をいきなり言っちゃうと」
エエ、お願いします。

「私同行カメラマンの中川君nakagawachek1.jpgが実は一番好みなんです」
へ。

「さりげなくお近づきになろうと色々話しかけました」
や、あの・・・。

「笑顔とか。いつの間にかソコにいたんだ!みたいな存在消しちゃうとことか」
存在消しちゃうのは、カメラマンだったからで・・・(そして消えてなかった)。
い、一応、合コンメンバーで伺ってるんですが。

「中川君じゃ…ダメ…?!
えと…そうかあ。
ホントに中川君がいいんだけどなぁ


殺し屋、
ikokunotua.jpg
まさかのご指名入りました!!!

というわけで、いきなり予想を覆す展開に。
あの時、湘南まで歌舞伎町から雀鬼を呼び出したクマの立場は一体…!!

「でもあの時全員とメアド交換したけれど、あの後誰ともメールのやり取りしてないのも事実です。
待ってちゃダメなんだね。
でも私、積極的になってもすぐ相手と連絡取れなくなるんだよね。
今日もアノヒトと連絡つかないな、彼ってミステリアス。
って思ったりするけど、あれってフラレてんのかな

そうね、チータも言ってるでしょ。
「幸せは歩いてこないだから歩いていくんだね」ってさ!

でもね、いっこだけ教えてあげる。
ラウンドワンのバラさんチェック時
「ちなみに殺し屋は誰がいいの?」
と聞いたらば。
四條さんかな。もともと彼女の芝居が好きで…」
と言ってたヨ☆
gokigenkorosiya.jpg
これで中川君も、第一回目合コンのやるせなかったどんでん返しから、報われたのでは!?!
予想に反した展開に素早くフォロー。前回の合コンまでをもアフターケア。
ああ、なんて私はデキる幹事なんでしょう。

とにかく四條、合コン参加、ありがとう!

☆四條さんの出演情報
ペテカン vol.32
『拝啓、絶望殿』
2009年11月6日(金)~15日(日)
@駅前劇場

さあ、まだまだ終わらない(というか最初の二人が長すぎた)真の告白タイム。
お次もビョビョッと一気にご紹介していきましょう!!
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tubenoyouna.jpg
君だけの季節見つけよう
いつか出逢えるさ True love.
誰にもゆずれない 夏


大枝佳織さんの大好きなTUBEの曲で始めてしまいました、9月2日目のデエトブログです。
毎日更新してるんで、もう私が毎日仕事もせずにブログばかり書いていると思われがちですが、溜めて書いて予約投稿してるんですから、わたしが仕事してないんじゃねえかって心配しないデー!!
誰に言ってるのやら、言い訳じみてて、
でもそんな言い訳もゆずれない、夏。


合コンを終えた日の朝。
IMG_2242.jpg

家に着くなり泥のように眠り、目が覚めると私の元へ一通のメールが届いていました。
誰だろう?
合コンメンバーから、幹事の私へ労いのメールでしょうか。



bara san・・・ remember me?
P2009_0815_121623.jpg
エリック!!(写真つきで!!)

まさかエリックが夕べの私を憶えていたとは。
そしてなんだか、男前です。
「group date doudatta?」
エリック、グループデエトのことも憶えています。
うん、楽しかったよエリック。
しかし疲れた、寝てないから疲れたんだ。
「hahaha tsukaremasita no?」
ツカレマシタノ!
imged319119zikezj.jpg
「疲れましたノ?」

とてもカワイイメールをいただきましたよ。
ありがとうエリック!
誰にも労われることのない(自分で企画してるから)このデエトブログですが、アナタのお陰で頑張れそうな気がします。

というわけでエリックのエールに送られながら残り少ない合コン編、参りましょう。
交錯する相関図になることは予定していたものの、
のっけから枠外(殺し屋)へ飛び出した真の告白。
それぞれのゆずれない夏はどこに!?

◇◆ブラジル 辰巳智秋さんの告白◇◆
IMG_2161.jpg
正月も一緒で夏休みも一緒。
これだけ一緒に過ごしながら、「この夏7キロ痩せた」と言われても全然わからず、すいません。
今回で合コンを卒業する意気込みで臨んで頂いたはずですが、果たして合コン後の彼からのメールは、こんな件名で届きました。

「美里です」
・・・ハイ?
いきなり別人にすり替わっての告白でしょうか。
「明日は13:45に待ち合わせ」
こ、これは・・・合コン関係ない!!
美里ライブの連絡でした。
そして実際の感想は、「みさとまつり2009」が無事終わってから、ようやく届いたんです。

件名「たつ」

・・・どうして名前すらめんどくさがるの!

last1.jpg
「合コンとわかっていても今回もグループデート気分で楽しんでしまいました。
もっと時間が欲しかった...なんて言ったら恋愛軍曹のバラに喝を入れられそうです」


cadb502bb9eb9874.jpgおしまい。

み・じ・かっ!!!
何これ?!君デエトブログ最多参加でしょ?
なんていうか、コンだけ短いと、話題も膨らむものも膨らまないっていうか、
ネタを膨らます苦労に私は凹むよみたいな、
もうあれなの?膨らむのは俺だけで充分だって腹づもり?

nankaneetatsumi.jpg
まったく、マメなのは美里ライブの連絡だけじゃないか!
恋愛軍曹って何だよ!

・・・つっこみもふ・く・ら・み・ま・せ・ん!!

IMG_2033.jpg
グループデエトで楽しんだ様子だけは伝わって参りました。
最初のフライデーズでは、徐々に席を移動し始める他の面々と反し、なかなか最初にいた場所から動こうとしなかったお肉丸。
「ちょっとあんた、移動してきなさいよ」
私がそういって突っつくと、モジモジしたまま、
「ね、合コンてこういうものよね・・・ハ(笑)!
ハ(笑)じゃないんだよ、ハ(笑)じゃ!

人気者なたっちゃんは、海水浴(2回)、花火大会、ライブ、山梨列車旅…とこの夏あちこちから誘いを受けて遊びに行っているにもかかわらず、こういう場ではなかなかどうして引っ込み思案なシャイボーイ。
だけど結局人が勝手に寄ってくるんで、いつでも誰かに囲まれているんですけどね。

しかし今回のデエトではボウリングで活躍、男らしい運転(時々私がドアを閉めてなかったり、窓から首を出したままなのに発車したりするのがすげえ危険)、渚の漢な告白タイムと、様々な場面で男らしさを見せた彼。

その男らしさでもって、お気に入り、聞かせてもらっていいですか?

「誰かひとりを選ぶなら、
ねるとん方式で手を繋いだ
いぎたさん異儀田さんで」


・・・なによその「あえて選ぶなら」的な口ぶりは!
ねるとん方式で手を繋いだどころか、君最初から異儀田さんだったじゃないか!

tatsumi19.jpg
しかし・・・ま。
照れつつも最後はしっかり砂をけちらし異儀田の元へ向かった辰巳。
シャイ、という言葉で片付けるには足りないめんどくさがり屋でもありますが、男の成長を見せてくれた今回ですから、これ以上の言葉は要らないのかも知れませんね。

たっちゃん!合コン参加ありがとう!
次のデエトもヨロシク!(卒業じゃないのか)

◇◆ヨシロー冒険団 異儀田夏葉さんの告白◇◆
IMG_2259.jpg
いきなりだけど、ヨシロォの夏は夢叶え、の部分外しちゃってゴメン。
劇団名が長いと文句を言ってるんじゃありません。
ただ、ただ、一行にまとめたかっただ・・け・・・。
さあ、たっちゃんが第一印象から想いを寄せた、異儀田さんにお次は聞いてみることにしましょう。
ハッキリ言ってこの合コン、なにより異儀田さんのラブの行き先が全然予想つかなかったんですよね。

IMG_2010.jpg
「こんなTUBEの音楽がバックに流れているような1日を過ごしたのは初めてなんではないかと思います。
とても楽しいサマーナイトでした」

そうですね、確かに私たちの背中には、TUBEのメロディが流れていたんじゃないかと思います。
生しらす食べ食べ歩いた失恋時の海には、どんな曲が流れていたのでしょう・・・。

だけどね、きっと異儀田さんはTUBE、「あー夏休み」とかしか、知らないんじゃないでしょうか。(私も人のことは言えません)
あれだけ夏を歌ってるTUBEです。
バリエも豊富でしょうから、あなたに合ったTUBEソング、見つかると思いますよ!
今度大枝さんに教わってくださいネ!
なんで私TUBEの宣伝をしているのか、さっぱりわかりません!

igita101.jpg
「わたしには知っている人ばかりで、ひさしぶり~!的同窓会気分で、
趣旨を間違えているとバラ先輩に何度となく注意を受けました。
メンゴ!


そうですね、合コンのお誘いメールを送った際は異儀田さん、「お誘い待ってました-!!」みたいなノリだったにもかかわらず、当日はなかなか女子のそばから離れず、女子らしい振る舞いを意識的に避けるかのような過ごし方で。
いいんだけど、何で合コン来たんだろう・・・?と不思議になったもんです。
やっぱり「知り合いが多すぎた」ということが要因の一つでもあるのでしょうか?
だとしたら申し訳なかったです。
今度は見知らぬ人ばかりの大海へ放り投げますよ!
で、メンゴ、に関してはあえて触れない感じで正解ですか。

YOKEINA.jpg
「しかし、心の中に強く残ってしまった人が1人…

えっ・・・?(ドキ・・・ン)
今までの異儀田さんとは、ちょっと違うトーンが出てきましたよ!

「移動のたびに隣の席で、またお前かよ!と言われながらも、私の心はDONDONひかれてしまいました」
誰・・・?
私このメールを読んだ時点で、本当に誰のことかわからず、
頭の中で「誰?誰?誰??」と頭をひねらせました。

マイフレンドと気持ちが同じなのはわかってる、わかっちゃいるけど…」
え?え?誰?誰?
全然わかんない!

「そんなわけで、いままで知り合いだったけど、勝手に嫌われてるもんだと思っていた…」

マジで誰???

なりきよさんナリさんで!」

えっ・・・!?
それって・・・!

44743703_k.jpgホントに・・・?

あっ、すいません、あまりに突拍子のないラインだったもんで、思わず一瞬、疑いの目を向けてしまいましたが。
でもそういえば、前回異儀田がKAKUTAに出演してくれたとき、ナリさんに嫌われてると思ってた…と最初はびびっていたことを告白していました。
でもすっかり違う場所向いてたんで、異儀田とナリの2ショット写真とか、残念ながら全然ありません。

でもなんだか私、ほんのちょっと異儀田わかってきたような気がしましたヨ…?
このメールのキーワードはココ。
「またお前かよ!と言われながらも」
IMG_2291.jpg
異儀田はもしかしたら、優しく気遣われるよりもちょっとイジワルなノリでからかってくれるタイプの男子が好きなんじゃないでしょうか。
例えば海辺に一人でいたら、ソッと近くに来てくれるより、「なあにやってんだよっ!」と軽くドツいてくれる感じ。
Image560.jpgたたかれる
Image5611.jpg追いかける
Image5591.jpg気がつく


といった、ツンデレ女子&意地悪な男子の関係性にグッと来る
別マ系女子と見た。
私もそんなシチュエーション、嫌いじゃないぜ!

どうでもいいけどこれ私、わざわざ漫画でまで描くことなかったんじゃない?
すごい、無駄なところに労力を要してる!!
やることいっぱいあるはずだよ!
しっかりして、自分!

ともあれ異儀田、予想外の回答をありがとう。
そして合コン参加、ありがとう!
たっちゃんは次回の合コンにも参加するように!

◇◆吉田久代さんの告白。◇◆
PICT0241.jpg
最初の自己紹介で「今回は、喋ります」と宣言していた久代さん。
そう書くと、もの凄い無口な子なのかという感じですが、サシで呑みいきゃ色々語るし話題も豊富。私自身、これまで何度も二人で飲みましたし、実際なんだかんだと誘われることの多い、友人が多い人…というのが彼女へのイメージだったりします。
しかし、もしかしたらソレは「酒」という匂いに寄せられているだけなのか・・・?
今回、酒の場から彼女を連れ出したらどうなるのか・・・?
そんなことを見させていただいた今回でしたが。

IMG_2151.jpg
「最初で最後の合コンに参加させてもらい感謝します。
いやー、勉強になった。ものすごく。グループデート的なものに自分がいかに向いてないかということを痛感しました」

なんかいきなり、反省文のような口調です。
なんでしょう、参加する前から「合コン。やる。やりますみたいな、だいぶ気合いを込めた感じのメールが私の元へ届いておりまして、参加者の皆さんへデエトスケジュールを告知した際も、「ボウリングに適した服装をしていくべきだろうか」と質問まで寄せてらっしゃいました。
なんか、遊びに行くというより本当に生涯一度の大イベントのような感じだったのでしょうね。

IMG_2031.jpg
「この人はあの子だろうな、この子はあの人だろうな、と感じるとまずそこを外してしまうので、花火の頃には、だ、誰もいねー、あいてる人誰もいねーみたいな状態になってしまいました」

そんなことを考えていたとは!
ボウリングやドライブ中に、そんなに誰が誰を狙ってるみたいな空気、出てたんでしょうか?
だとしたら私、結構ボンヤリしてました。
枠外にいる私からは割とまんべんなく皆で仲良くしているように見えていましたが、輪の中に入れば結構肌で感じるものなのかも知れません。
特に久代は人一倍空気を読むタイプで、先回りに遠慮してしまったのじゃないかしら。
確かに、自分の方向いてないわ・・・と思ってこっちが先取りで身を引くコトって結構、ありますよね。
私の学生時代なんかは、もはやソレが基本姿勢でした。

tousihaaruga.jpg←やる気はあるが腰が引けてる状態

しかしね久代、実際「私には興味なかろう」と思っていて、見逃してる好意もあると思いますよ!
「○○君が久代のこといいって言ってたよ☆」
「全然気づかなかった!」

みたいな会話が、実際は多いタイプなんじゃなかろうか。

last3.jpg
駆け引きを楽しむ余裕もなく、話してみることもはばかられ、まーーー駄目だった。緊張しすぎました。かなり楽しかったのですが、反省が残ります。はい」
会話が困難だとすれば、駆け引きは一足飛びじゃなかろうか。
考えすぎて身動きが取れなくなったか、久代。
合コンをやはり思った以上に大イベントにしすぎたんじゃないかと、ある程度「チョロい」くらいで始めるのがいいんだなと、同じような状況に陥りそうな私としては、共感しつつ、学ぶ次第です。

さて、そんな久代さんのお気に入り、教えてもらえますか?

みうらくん三浦さんです」

へえ!

「嘘でも何でも嬉しかったから」

・・・終盤の告白タイムがかなり効いています!

IMG_2358.jpg
二人で花火をしている様子、楽しそうで素敵でしたものね!
私も(すぐ自分に当てはめて考えるが)、もしあの場で自分の元へ来てくれたら、それまで何とも思ってなかったとしても、その後ちょっと気になってしまうと思います。
冗談でも嬉しい。
嘘でもキュンとする。

告白タイムはその緊張感が、
吊り橋効果的なドキドキで気持ちを錯覚させるだけでなく、「私を選んでくれた」というその事実に胸打たれ、
そんな見る目ある男子に乾杯!という気分で、
我が価値向上委員会からも一票入ります。

ただ久代さんの場合、「嘘でも何でも」というあたり、
どうもご自分を、モテないキャラに設定してらっしゃるんで、
ありがてえありがてえ、海の恵み山の恵み…
みたいな授かり物気分なのかも知れませんが。
久代さん、モテるんだからその目線、おやめなさいよ。

ともあれ久代!
生涯最初で最後の(?)合コン参加、ありがとう!

◇◆久代さんの出演情報◇◆
(明日初日―!!!お見逃し無く!/桑原)
ロハ下ル presents02
「わるくち草原の見はり塔」
2009年9月3日(木)~9月9日(水)
青山円形劇場
脚本演出 山中隆次郎
お問い合わせ
lohakudaru@gmail.com

真の告白、残すところあと1回!
とかいって…全然終わらないわ。(涙)
あと、2、3回!(曖昧)
次回は三浦知之氏の告白から。
次こそカップル成立なるか!??

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

natsunohino19.jpg
2009 恋をした 君に夢中
普通の女と思っていたけど LOVE
人違い そうじゃないよ
いきなり恋してしまったよ 
夏の日の君に


私の学生時代一世を風靡したCLASS「夏の日の1993」。
当時AC/DCに夢中だった私はこの歌をまるで注視していなかったんですが、後にうちの制作・前川に、
「あの曲ってつまりは水着着たら結構いい体してたもんで普通の女がよく見えたってだけなんだよな」と解説され、その歌詞の軽さに衝撃を受けたものです。
そんな曲に踊らされていた(踊ってなかったけど)、私たちアラサー世代の夏の告白は、まだ続きます。

◇◆InnocentSphere三浦知之の告白。◇◆
IMG_2180.jpg
最初にまたどうでもいい話ですが、この方の劇団名を聞くといつもファイナルファンタジーをやりたくなります。
というわけでこの夏、三浦さんの心のスフィアを集めた女性は誰なのか、まずは感想を伺ってみました。

「え~ どうもおつかれした!ミウラす。
大人12人のお守り大変だったと思いますわ…。
色々お世話になり、色々ありがとうございました」

礼儀を重んじる広島男児はまずはキチンと幹事に挨拶。
こういうところ、気持ちのいい男なんです!

PICT0110.jpg
「合コンは、あれよあれよと進んで、ついて行けてたかどうか解んないすが、とにかく一杯一杯で、息が上がった状態でした。アップアップ…
全然そうは思えませんでしたが、合コン写真を見返すとトモの片手には常にビール。アルコールで息つぎしていたのかも知れません。

7.jpg
「ボーリングも楽しかったし、花火も楽しかった…。
両方共 5、6年ぶりにやってボーリングなんて全然結果出せず仕舞いで、
ちんちん取った方がええんちゃうか?
とまで思ってしまいました」


あーあ。もう。んなこと書くとまたウチのブログ、
エロサイトに注目されちゃう!!!
ただでさえ、検索キーワードに「すか吐露」で引っかかってくる人がいて、なんかむしろ引っかけてゴメンナサイって言うか、個々の趣味嗜好に口出すつもりはございませんが良かったら違う世界に目を向けてみませんかみたいな気持ちになるんだから、誤解を招きそうなキーワード禁止でお願いしますよ。

ボウリングでええとこ見せてやるんじゃ。
その侠気、嫌いじゃないです。
「男が廃る」という言葉もあることですし、お気持ちはわかります。
でもそんな風に言ったら田嶋先生に怒られちゃいますよ!

「あーんたねえ、女がボウリングできないって誰が決めたのヨ!?
_DSC00351.jpg
じゃああんた、掃除洗濯するたびにちんちん取ってその辺飾っておけば!?」

た、田嶋先生。
彼はボウリングの反省として・・・。

「ホンマ切腹ものですわ」

posuta-1.jpg「やってごらんなさいよ☆」

トモVS田嶋先生の一触即発をゆるく妄想したところで、先に進むことにします。

「で、気になる恋模様ですが…。
何とか、久代氏といい感じになれたようで、良かったす」

そうそう、告白タイムではこれまでノーマークだった久代への告白で私も虚を突かれましたが、その心はどうだったんでしょ?
IMG_2311.jpg
「その時の心情としては、女子メンバーの中で、一番どういう人か解ってて、そのスタンスとキャラが前からいいなと思ってました。
知り合いから友達に、更に飲み友達と発展したらな…。いいな…。
何て…、思ったからすかね?」


なるほどね、酒好きという共通点で二人を見ていたら、もう少しこの展開が予測できていたのかも。

でも酒好きと言えば、
200908181918000.jpg
こちらにももうお一方。

「で、第一印象の 笹峯愛 ちゃんは、お初な方だったんで、その時には、時間もあまりなかった上、答えがやっぱ出ませんでしたわ。正直どういう人なんじゃろ?ってあの時間では解らない感じすかね?
けど、どういう人か知りたいなぁ…。っていうのが、合コン終わっても気にはなります」

いいじゃないですか!
「あの時間ではわからない、でも合コン終わっても気になります」
それでこそ合コン!
正月明けの合コンに誘ったときは、「お持ち帰る気満々です」みたいなノリだったトモですが、実際はそんな野獣肉食系のノリじゃなく、あくまで健康的な節度があるのがいいですね。

しかしトモは。
IMG_2288.jpg
それだけで終わる男じゃなかった。
そのワケは後に明かすとして・・・。

「いやぁ…、ホンマいい思いさせて貰いましたわ。
あざーす。
こんないい大会に参加出来て良かったす!
同じメンツで飲み行きたいすね。
そう思う位、スゲー素敵で魅力的な人たちばかりでしたわ。感謝」


最後もキッチリ礼儀を重んじた姿勢で締める男前です。
しかし頂いたこのメール、お気に入りの方が書かれてませんが…。

_DSC00351.jpgあんた、しっかりしなさいよ!

すいません!今すぐ送ってもらいますので!
というわけで、心の田嶋先生に煽られつつ、「お気に入りの子教えて!」と連絡してみました。
と。広島男児、きっぱりした一言で返答いただきました…!

posuta-1.jpg田嶋陽子先生です」

間違えた。それは私の好きな人。

あいじょうさん笹峯愛先生で。ヨロシコです」

戻るんすか!

キャラを理解している久代にも惹かれつつ、まだ未知のアイジョウへと戻ったトモ。むー!なかなか今回も一筋縄でいきません!!
ひとまずアイジョウ心情を(ラップみたい!)語って頂くこといたしやしょう。

トモ、合コン参加ありがとう!

◇◆and Me笹峯愛さんの告白◇◆
IMG_2183.jpg
ビールをひと煽りし、顔合わせのような緊張感で合コンへやって来たアイジョウ。
殺し屋に「高嶺の花」と言わしめた彼女のご感想は?

「企画、仕切り、お疲れちゃんでした!
貴重な体験でした。
ああゆうの、中学生以来経験ないし…

逆に、中学時代に合コンしてたことに衝撃です。
私なんかね、合コンどころかクワの実盗んで食ってましたよ!

IMG_2169.jpg
「車で夜中ってのも、ちょっとオトナな若者って感じで。ただいかんせん、体力の衰えは否めない…。
だって、ちょっとオトナではなく、かなりオトナだし、若者っていうよりは、中堅だし(世の中的に?)翌日、座ってても目眩を感じました」

翌日も朝から仕事だったアイジョウ。
ボウリングして花火して、その体力消耗具合はハンパなかったと思います。
でも、小劇場の皆さんは普段から、千秋楽にマチネやってバラシして朝まで飲んでカラオケしてそのままトラックで片し(材木などを捨てに行く)とか、そういうこと平気でなさるじゃないですか。ホホホ。

18.jpg
「合コンの楽しみ方がイマイチわからないまま、個々のひととなりも不明なまま、とりあえず、悪い人いないし、みんなで楽しんでしまいラストに突入。夜は明けた…みたいな。でも、合コンってそんなもんか
まあ、合コンって普通に飲んで終わるだけなら朝までやらないでしょうけどね。
そう考えると特殊な夜だったかもしれません。

「つぅことで、気になる人は」

え、いきなり!?

中川さん!
あ、参加者ぢゃなきゃダメかしら」


ikokunotua.jpg
殺し屋を 持ち上げないで それ以上

嗚呼ビックリした。
驚きのあまり、また俳句にしちゃいましたよ。
いや、殺し屋なら殺し屋でもいいんですが、どうもその先の展開があるようです。

「ん~…ん~…やっぱ
ようへいさんヨーヘイちゃんかなぁ


おお?!

「でも帰りの車で、ようやくクマタケと話ができて、インスピレーションは正解だったな!と思う好感度だったんだよねぇ」
ほう、クマタケね。
……って、誰ですか。

「クマタケって誰だ!?まえたけさんマエタケね、マエタケ」
慌てて修正のメールが届きましたよ。
クマ。一瞬期待させて、ゴメン。

IMG_2351.jpg
「迷う。迷うよぉ、これ。どうしましょう。
本当にガチンコで、トキメキに近い好き!と言う興味はヨーヘイちゃんなんだけど、いま彼氏として付き合ってしまえ~と思うとしたら…マエタケ?!」

迷走しております。
あの・・・トキメキに近い好き!と、彼氏として付き合ってしまえーって、
私の中では延長線なんですが、違うもんなの??

悩みに悩むアイジョウですが。
結果は・・・!!

まえたけさんマエタケかな?!」

第一印象に戻り!!

「乙女心は複雑、かつ難解。私も不明な、この答え。
私の自由きままな身勝手さを、許し、ちょっと叱ってくれる…かもと言う希望的観測でマエタケに。
嗚呼、でも迷う


ところでしかし、あのロックな広島男児に関しては、触れていませんね?
IMG_2288.jpg
まあ、あの時は告白タイムでも自分に来ていなかったわけで、アイジョウにとっては第一印象で好まれていたことなんて、知るよしもありませんでした。
ところが。あの男。
やりよりましたぜ!

数日後、笹峯さんからメールが来たんです・・・!

「ようへいちゃんかマエタケで…マエタケ!となりましたササミネでふ。
こないだねぇ、マエタケとメールやりとりしたら、やはり人柄は好きなタイプ!」

ほうほう。マエタケとメールしたとな!ちゃんと交流を図っている様子で、合コンの意味があったってもんです。

「よーへいちゃんは、全く何も(連絡が)なく、合コンは終わった後が勝負!と言う相方の言葉にのっとるなら、勝負無しでふ・・・」
洋平!なにやってんの!
手まで繋いどいて、メールぐらいナサイよ!

「でも昨日、三浦のともくんと飲んだら、合コンの時には見えなかった一面が見えて、好感度アップした。合コンでは、全く自分を出せなかった…と言っていたょ(笑)」
うんうん、合コンではなかなか自分をね・・・ってちょっと待った。

と・も・く・ん・と・飲・ん・だ・ら・?

ふっ、二人でえ!?
「あ、いや4人。ともちゃんが友だちと飲んでて連絡くれてね。私も妹と飲んでてさ。で結局4:00過ぎまで
4人!朝まで!男2×女2の夏物語が!?

でまたそのアイジョウの妹、優ちゃんっつうのが…。
200908171747000 (1)
そっくり美人姉妹!!

「うーん、押しが弱い私としては、連絡をくれる人にひかれる…ょね」
1718361868.jpg
合コンて 終わってからが
本当の勝負なのかも しれないね・・・ (by はるてん)
 

前回の大見遥嬢の名言が、リフレインします。

「迷いつつも、マエタケでっいこうかしらん。
でも悪女は移り気なのでね。ふっ…

言葉通り移り気な蝶の舞いで男子を彷徨ったアイジョウ。
結果的には第一印象へと戻ってきたけれど、トモのこの先の押し具合でまた変わるのではと思うと楽しみです。
でもいっそどうかな?トモは優ちゃんと付き合うって言うのは?

「妹と…あるかもぉ
トモ!
今すぐ優ちゃんにメールするように!


そんなわけで前回今回の合コンと2回にわたり、「合コンは終わってからが勝負」を実証してくれたand Me。
笹峯さん、合コン参加、ありがとう!

◇◆青年団 奥田洋平君の告白◇◆
IMG_2282.jpg
第一印象チェックでは大胆な発言で私たちをときめかせ、かと思えば告白タイムでは意外な展開で私たちを驚かせた洋平。
手を繋いだアイジョウは迷いつつも合コン後、連絡をくれたマエタケや飲みに行ったトモの方に向かっていますが、あなたは?!

「楽しかった。
車中は、女子が元気だ。新宿のバーとかでもそうだけど、女子のほうが話す。
頑張れー男子ー。
みっちゃんの場合は、乗り物によっこと弱いのか、隣でアニメソングを口ずさみ続けていた。癒されたな

koinokonomi.jpg
早速美月先輩の名前が出てきましたが、最初に車で同乗した時に、もう何かが彼の中で動き出していたのでしょうか。あと「よっこと」って何?方言であるの?

「んで移動後、久代ちゃんとペアボーリング。ペアボーリングは、ロマンティックなものですなーと、スペアを取りに行くときにおもった。ワンモア2ゲーム。
久代ちゃんと、打ち解けかけていましたからなー」

IMG_2199.jpg
「しかしね、所詮ソロのボーリングは、男女ペアボーリングのための投球練習に過ぎないのじゃねーのかい?と、賢くなった」

何が「しかし」なのかアレですが、そうですよ!あのペア戦で久代は洋平に興味を持ったのですから。
ペアのスペアで、近づく恋がある。
でもあと2ゲームやってたら、海どころじゃありませんでした。

「海に向かう車中は、アニメソングを話のつまみにわーわー笑ってて、なんかみんな長年の座組かね?みたいな気がしてね。よかったね。でも、まえたけさんをずっと年下だと思ってて、タメ口きいてたのは、謝った。ふところの深い、素敵な人です」
あ・・・ゴメン。私もタメ口だわ。(最初に会った頃から)
ふところ深い方です。

last2.jpg
「あと異儀田さんをミギタさんと間違えて呼んで。芝居オモシロくてドンと覚えてた人だったのにも関わらずだ。そのあと、なかなか話せなくなった。神経が弱すぎるのじゃないかね?おーくーたーくーん。
はい。頑張れ男子」

自分で返事しています。
ちなみに今回の合コン、ミギタ明日香も誘うつもりでした。
だとすればより混乱させてたね。

IMG_2354.jpg
「ねるとん方式は、デカい山だった。
このうな重、二段目もあるんだよ、って倍って。
凄いシチュエーションだなぁと、頭フル回転をカタカタとさせ、
っていうとアイツだったらどうする?と参考になる偉人を一回探してみた。
あしたのジョーが出てきた。
車中で聴いたんだった」

よっぽどアニソンが気に入ったようです。
しかしね(洋平の真似で)、ねるとんはホント、緊張と高揚の鰻重二段もり。

というわけで洋平は、
jyo-yoko.jpg
「自分の真心でいくことにした」
ジョーの教えに従ったのでした。

「あい嬢は、浜辺がよく似合い、輝いて。車中でも隣で、話せたし楽しかった。
お願いしますをしました。
手をつないで歩いたときは、緊張をばしすぎまして、それがひっくり返り、逆に落ち着いていた。
結果的に社会面君みたいな話し方になってしまった」


はいはい、社会面君ね。って。
Who is he?
2473eb55dd336140.jpgこれはガリガリ君

お坊ちゃま君とかのともだちんこでしょうか。
洋平の頭の中のオリジナルキャラ?
よくわかりませんが、何となく、真面目な話しちゃったってことなのかな?って憶測だけしておきます。

「帰りの車も、うなぎ登りに楽しかった」
帰りにうなぎ登りですか!!
「少し、寂しかった」
帰りにうなぎ登りだと、その寂しさも増すはずです。

さて。お気に入りの告白に参りたいところですが。
気がつけば見つめてた初恋のみっちゃん(ミーちゃんだけどね)か。
それとも、告白タイム突撃したアイジョウか。
私の予測はね…。

19.jpg

「バラちゃんへ。やはり第一印象の、
みづきさん
みっちゃんに着陸しようと思ってます」


この方も第一印象に戻り!!

「あい嬢は、かわいい。それで知的なのに凄く快活。終日ぐんぐん惹かれていきましたが、手の届かない感じを意識してしまった。これは俺のいつもの戦いなんだけど、まぶしすぎると、スイマセンもう見てるだけで、と決めちゃう感じ」

やはり殺し屋も言っていた「高嶺の花で腰が引ける」現象なのか。
しかし初恋の君が忘れられなかったのかも知れません。
告白タイムはアイジョウに捧げつつも、最終的には美月に戻る。すなわち、
middle_1107937570.jpg
葛藤のクロスカウンター。

どちらも捨てがたいというより、悩んだ挙げ句相殺、という感じで、おそらく洋平さん、どちらへも合コン後、連絡していないのでは。

「手を繋いでくれたのになぁ。
たどり着くまでに、俺が開発すべき感覚が、わっとある。
33で、落ち着きだしているのだな、あきらめる判断とか、きっと。


よ、洋平・・・。

e0012215_273147.jpg
「それとも老人なのだろうか」

いいんだよ。
そんな遠いところまで行かなくていいんだ、ジョー(洋平)!!

合コンをうなぎ登りで楽しみつつも、ジョーの深い哲学世界に迷い込んだ奥田君。
美月の回答は果たして!?
奥田君の明日はどっちだ!?

と、とりあえず洋平、合コン参加ありがとう!


maniaukane.jpg
あちこちを彷徨い、結局第一印象に回帰という出戻り合戦だった今回。

まだ一組もペア成立ならず!
どうなる次回!?

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。