プロフィール

桑原裕子(KAKUTA)

Author:桑原裕子(KAKUTA)
愛を乞う人、乞わぬ人。
とりあえず、デエトに出かけなさい。

◎バラ吐露外伝によるデエトの心得◎
その1:デエトは素敵男子に限るべし
その2:デエトは割り勘にすべし
その3:デエトの日時指定は任せるべし
その4:デエトの場所設定も任せるべし
その5:デエトは本気で舞い上がるべし

少々の開き直りと 大いなる勘違い
消せないブス根性と 果てなき乙女心
そしてラブ……
デートに要するパーツは揃った
欲深き女のデートリポーツ
バラコ胸中吐露部屋外伝!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます・・・。
真牛

やって来ました2009年。
不景気の声にひよらずに、明るく楽しくお過ごしの皆さん、こんにちは。
KAKUTAの暴れ牛、桑原(辰年)です。
今年も闘牛のように疾走しつつ、甘いミルクのような温もりでアナタを包みます。
そして永遠のラブを求め、最上のデエトを探求して参ります。
こちらのデエトブログ共々、本年もご愛顧のほど、よろしくお願いします。

さあさあさあ!!ついに。ついに!!
1月某日。年始のご挨拶もまだすんでないよという新春ほやほやの頃。
正月ボケした頭をショットガンでぶっ放すがごとく、新らしい年の幕開けと共に、賑々しい企画が開催されましたヨ!
その名も…。
「合コン、お願いします」


◎合コン☆デエトの掟
1/デエトは割り勘にすべし
2/合コンはあくまでファーストデエトと捉えるべし


年越しに滑り込むかのように告知しました男女7人×2冬物語。
ノリで立てた企画にもかかわらず、気がつけば豪華メンバーが揃い、その華々しさたるや完全に本来デエトするはずのワタクシも「タカさん」的ポジションに甘んじたこの合コン企画。
繰り返し口を酸っぱくして「ガチですから」と連呼して回った挙げ句、参加メンバーたちにも異様な緊張感がみなぎっている様子。

イケメン&イケ女たちが向かう場所、それは…。
横浜
横浜!!

…アナタは憶えているか。一年前、あの完璧な男のデエトを。
小田原にドライブへ行ったかと思いきや、ディナーのためにのみ立ち寄った横浜。
夜景の美しさに心奪われ、ハマのムードにブルーライトし(意味不明)、スウィートメモリーを焼き印のように刻み込まれた私は、叶わなかったトゥルーラブストーリーを合コンに託すべく、この横浜を決戦の地にチョイスしたのです。

今宵は誰もが港のヨーコ…。そんな感じです(どんな感じ)。

というわけで、魅惑のデエトタウン・ヨコハマで行う合コンデエトのプログラムは。

18:00、元町・中華街に集合。

鮮やかなネオン。きらびやかな町並み。
チャイナタウンをそぞろ歩き、賑やかなムードに包まれたら、
本格四川料理、明蘭餐庁(ミンランサンチン)でコースディナーをいただきます。

「どっちの料理ショー」にも出たという、絶品・担々麺が評判のお店!
まずはこちらで、うまいモノに満たされ、飲んだり食べたりしつつ、親睦を深めて頂いて。

20:00、みなとみらい駅に移動。

向かうは「よこはまコスモワールド」!
">「よこはまコスモワールド」!
入園無料で遊べる、ムード満点の夜の遊園地へくりだしちゃいます。
ライトアップされた水辺のワンダーランドで、デエトの締めくくりと言えばもちろん観覧車。

…アナタは憶えているか。
二年前、あの忘れがたきファーストデエトを。
ただ回ってるだけの退屈極まりない乗り物だと侮っていた観覧車。
しかしそこで思いがけぬほどの高揚感に満たされ、トキメキよここにアリとひれ伏したあの乗り物で、お気に入りの人と、二人っきりの甘い時間を過ごして頂きます。

真
あけましておめでとう…(横山牛)。

どうよ!?この激しくスウィーティーなデエトプラン。
アフター6には充分すぎるほどのボリューム。その密度。
ああ、私もこんなデエトがしてみたい!!

***

というわけで、デエト当日。
待ち合わせ時間まであと数時間というなか、参加者たちから気合いと緊張の入り交じったメールが次々に送られてくる。
かと思えば、その時まで「本当に来るのか?」と心配になるほど全く音沙汰のない者もいたりして、それぞれの、決戦までのDISTANCEを垣間見るのもまた楽しく。

「緊張するなあ、ヨロシクです」 @金澤貴子
「気合いは入りまくりよん」   @大見遥
「お洒落して来ちゃった(はあと)」  @田中祐希


なあんて、女の子たちのカワイイメール。
あれですね、なんかこう、ピュアにドキワクしている感じが伝わってまいりますね。
そのドキドキに煽られて、こちらもウキウキしてくるというもの。
女の子って良いな、と素直に思っちゃいますね。

その一方で。

「鼻血出た」  @奈良崎まどか

どんだけ緊張しているのか。
マジで数年ぶりに出たらしいです、鼻血。普段はションベン横町だって一人で呑みにいくこの女子も、今日ばかりは乙女。
この日のデエトに向けて元旦のセールに行き、今日も3時間くらい着てくる服を悩んだとか。
カワイイじゃないですか!(鼻血以外は)

「俺はなんか緊張のあまり既に中華街だ」  @瀧川英次
開始一時間前に届いた英次からのメール。既に中華街を探訪した彼は、カフェで一人、待ち合わせ時間までお茶をしている様子。
合コン企画のトップランナーは、さすがのフライングでいやがおうにもテンションを上げてくれます。

「ホットチョコレートぐらいじゃ全然落ち着かないよ!!」

ところで、ここにモテ男のキーポイントが隠されていること、お気づきかしら。
男の子は大抵、ええかっこうしいというのがありますから、こういうデエトとか合コンとかだと緊張するーと内心思っていても、「いかに動揺しない体で過ごせるか」を課題に設定しがちです。
真壁
↑動揺しない体

しかし当然、女の子だって緊張しているわけで。
英次のように、最初から「緊張するー!」というのを茶目っ気たっぷりに見せておき、「早く着きすぎた」という気合いも臆せずアプローチすることで、「緊張してるの、アタシだけじゃないんだ」と、女の子をホッとさせつつ、カワイイのね、と女心をくすぐれるという二弾技。
上手にエエかっこ出来ないタイプの方は、ご活用あれ。

後で気づいたことにはこのカフェ、既に二時間前から横浜に到着していたというビッグファット・たっちゃん(辰巳智秋)もいた模様。
たっちゃんはこの時間までで既に、山下公園へ行き、赤レンガ倉庫にも行ってきたのだとか。
アノネ…。

080722_0108~01001
先に楽しみすぎです。

かと思えば、こちらの一方では。
時間に遅刻しそうな人はいませんか?という私からの連絡に、こんなメールが。

「多分大丈夫ですが車で向かいますゆえ」  @葛木英

何?!車?自分で運転してくるってこと?マー大人な感じで…、
待てよ。

バラの返事「もしかして男に送ってもらうの?!

葛木の返事「……え?  では後ほど」

そうなのか・・・。
おまえ、どんだけ!!
合コン行くのも男が送ってくれるって、なんだお前、叶恭子か?!

川島なお美か?!

ええ!?


いや、実際川島なお美さんたちのことはわかりませんけれどもすいません。
のっけから漂うモテ女アプローチにあたくし、クラリ。
合コンに男性のお見送りっつうのがなんか、アッシーメッシー(死語)当たり前 って感じで、むやみにバブリーな感じでいいですネ。

このように十人十色な、決戦までのDISTANCE。
さて、そんな彼らのご対面やいかに!?
スポンサーサイト

テーマ : 今日のトキメキ - ジャンル : 日記

黄昏横浜

横浜・・・♪あ黄昏れ・・・・・・♪てる暇などない!
闘いの…もとい、恋の火蓋は切って落とされた!
ご対面タイムです。

待ち合わせは中華街のシンボル・牌楼(パイロウ)にて。
牌楼ってなんだかご存じです?
コレ↓
choyo_mon.jpg

門のことなんですね。中華街に十基あるというこの牌楼は、風水に基づいて建てられたそうで。
我々は繁栄の象徴とされる東門、「朝陽門」の前で待ち合わせです。
「集合場所にはトナカイがお待ちしております。わっかりやすい目印で待ってますんで、気がついたら訝しげに近づいてください。」
あらかじめ、こんなメールを一同に送っておきました。
トナカイって何?



はらとなかい
この方です。
アシスタントで同行しますのは、われらが盟友、原扶貴子
本日は忘年会で使ったクリスマス用トナカイを装着しての協力。
あまりにも多い人数、ラブリポーツを書くにも私だけでは裁ききれませんから、今回はこちらのトナカイにもレポートをお願いしたいと思います。
しかし。
のちのち、この原が巻き起こす数々の罠「ハラトラップ」が私たちを待ち受けていることは、まだ当人ですらも知るよしはなかった…。

さて、原手作りの非常にわかりやすい旗印を持って待つ私たち。奇天烈なかぶり物をした女に子どもが集まってきます。
原「コレはネー、違うよー、トナカイだよー」
何と間違われたんでしょう。
とにかく、旗以上に人目を引いてるのは間違いない様子。

原「普段は無愛想だろう中華街の人も、皆優しく受け入れてくれるよ」
そんな格好をせずとも、チャイナタウンの住人は受け入れてくれるはずです。

17:30。
待ち合わせ時間(17:50)まであと20分。
すっかり日は落ち、しかし中華街はむしろ、いっそう明るくなった感じがします。
私も原も、派手なネオンが待ち受ける門の向こうに、早く行きたくて仕方ありません!!

そんななか、ついに現れた参加メンバー第一号!
待ち合わせに一早くやってきたのは…、
はるてん
大見遥嬢です。親しみを込め、以下ハルテンとニックネームで呼ばせていただきますが。
早いなハルテン!そうなんだよ、こういうとこが良いんだよな!
初めてのデエトに遅刻は厳禁。早く着き過ぎちゃった…!くらいの時間に来て待ついたいけさよ。
緊張の面持ちながら、淡色の装いでやって来た彼女はやはりいつもより女の子の顔。
トナカイ「何よーマアあんた髪の毛もいつも以上にさらさらじゃないのー。メイクもウン、アイライン薄めだわ、そっちの方が絶対いい、うん」
すっかりお見合いおばさんと化しているトナカイです。

「なにやってるんすか…」

女二人がハルテンを囲みファッションチェックしている中、メールの指示通り、トナカイを前に訝しげに近づいてきた女子一名。
おおっ!君は…。
クズキ1
ヒールクイーン、葛木英。思いがけぬ早いタイミングで登場。
クズキ
車で送ってもらいました…。
「待ち合わせより早く来る=いたいけな乙女」という定説を早くもぶち破る足(=車)つきでの登場。どうせなら車から降り立つところを激写したかった。
どうせならリムジンが良い。外車でも良い。
マーチとかだったらゆるさねえぜ!
(いや、マーチ好きですけどね)

ということで、ハルテンと葛木、この対照的な二人の女性と他メンバーを待つ間に、少しこの先のご説明をしておきましょう。
今回、「同性で固まっている時間はほとんどないッス」と宣言しているこの合コン。
待ち合わせした後、ぞろぞろ目的地に向かうんじゃ、ムードも何もありません。
狭い演劇界、知ってる者同士で集まって、
「次の舞台いつから?チラシちょうだいよ
なんつう業界話に陥ろうもんなら合コンムードぶっちこわしですからね。
お食事処までの道のりだってデエトは始まっています。

ということで、まずは私が勝手にペアを作っておきました。
ポイントは、

1/お互いに知らないモノ同士であること
2/なんだかお似合いに見えるペア


お見合いおばちゃん的には、「お似合いの二人」が自分の仲介によって結ばれることが最上の楽しみというモノでしょ。
そしてペアが出来たら、

「朝陽門を抜けて中華街大通りを直進、三つめの十字路を左に曲がった香港路にあるミンランサンチンへ向かうべし」

と行き先を知らせ、後は勝手に向かってもらいます。
後は若いお二人で。そんな放置プレイこそ、愛を育む時間というわけネ。

お!そうしている間に、一人、また一人とメンバーがやってきた!
万
バラ「お洒落してこいよ
佐藤「エ…」
のっけから主宰に辛辣なダメ出しで出迎えられた気の毒な男は、本日のKAKUTA代表・佐藤滋
コボ
続いて、小堀友里絵、通称コボちゃん。このカワイイ女子を持ってして、

あの有名なイガグリ頭の男児を思わせる愛称は、この合コンで後に様々な見解を生むことになります。
チュウ
「あ、やっぱいきなり撮るんだ」
チュウこと中谷健智君も登場。相変わらず、爽やかな笑顔ですな。

かと思えば、駅前の横断歩道から、キャイキャイ聞こえる笑い声。そこには、
まどか貴子
ヴォードヴィルの花形若手、金澤貴子&奈良崎まどかの二人が。
イヤー、お二人とも美しいッスね!
たかこ
おい、なんだその顔は。そんなおちょぼ口初めて見たわ。
ところでまどか、鼻血は大丈夫ですか。
まどか「いやビックリした、何年ぶりかに出たよ、ダハハハハ」
それは大変でした。そしてまどかさんは、今日のためにお洋服を新調したとか?
まどか
まどか「いやそうなんだけどさ、もうここ来るまでに三時間くらい鏡の前でああでもないこうでもないって迷って、結局いつも通りっていうか、あでもこのトップスは新しく買ったんだけど、やっぱり最初から自分らしくあった方がのちのちイイカナって
そ、そうですか。
のっけからハイテンションで喋りまくるまどかさんです。

そうこうする間に他メンバーも到着してきましたね。もう、集まってる人たちはとっととペアで出かけてもらいましょうか。
そんなわけで、まずはこちらのカップル。
万くずき
何となく意外な取り合わせに見えるこちらは葛木&佐藤ペア。つづいて、
チュウコボ
コボ&チュウペア。こちらはなんかもう、もともと二人で来ました、っつうくらいに違和感のないお似合い具合。
定時になったところで、同じカフェに居合わせたという、辰巳智秋&瀧川英次のお二人もご到着。
辰巳
英じ
早く着きすぎた二人。というわけで早速、
貴子辰巳
こんな組み合わせで出かけてもらいます。
普段から、耳にタコというくらいの勢いで「男はつらいよの倍賞智恵子が好きなんだ」と主張しているビッグファット・たっちゃん。
清楚ながらも少々勝ち気。そんな貴子はまさに好みにジャストインなんじゃないかと思うわけで。

「バラさあーん」
祐希
ヘモヘモした明るい声で飛び込んできたのは若干21歳最年少、田中祐希
こやつ、この日のために「合コンの本」なるものを読んできたらしい。
合コンの本って一体何?私も読んでおけば良かったです。

「すいませえ~ん」
美玲
祐希以上にヘモヘモした声で現れた女子は、長谷川美玲嬢。
なんだか既にお疲れ気味の様子だけど?
美玲「間違えて関内で降りちゃった…」
中華街を迷いながら来た様子です。

さてさて、コレで女子は全員集合ッスね。
いやー!自分で言うのもなんだけど、ホントカワイコちゃん揃いですわ!!

昼間に入っていた用事のため、中川智明氏&久保貫太郎氏は少々遅れるとの話。ペアになる予定の女子には、申し訳ないですが一緒にお待ちいただきます。

ところで…。
本日、来るも来ないも一切連絡のなかったあの男がまだ来ていない…。
も、もしかしてドタキャンか?!そんなことあるのだろうか。いや。マイペースなあの男なら、急に気が変わってやめちゃいました、なんてことがあるかも知れない…。
そんなことがあったらどうしよう!!
原トナカイ
トナカイ「今から横浜近辺にいる男を呼ぶか?
ええっ!?そんな無謀すぎるぜ、トナカイよ。
しかし私も、万が一の場合になぜ、
こんなのや、
こんなのを
呼んでおかなかったかと、今さら後悔しても後の祭り。

と思ったら…。

直人
やっと来たよ!!柏原直人!
アー良かった。あんた、来ないかと思ったよ(涙)!!
直人「え?(笑)」
え?じゃねえ!!
…ともあれ、無事全員揃うことがわかりホッと息をつく間もなく、ペアでガンガン送り出すアタシ。
エイジ美玲
ハイ行ってらっしゃい!
直人祐希
ほれ行ってらっしゃい!

「朝陽門を抜けて中華街大通りを直進、三つめの十字路を左に曲がった香港路にあるミンランサンチンへ向かうべし」
あらかじめ地図で調べておいた道順を皆に教えて送り出す。が、

「真っ直ぐってこの道?」
「どれが中華街大通り?」
「ミンランサンチンってどういう字?」

・・・知りません!

主催者の中途半端な道案内に混乱する参加メンバーたち。
「合コンって、こういうモノ?」
そんな戸惑い混じりの問いかけを受け、私も「どうなんだろう…」と首をかしげつつ、横浜の夜は今、始まったのであった…!
いってきまーす!
初々しく連れ立ってチャイナタウンの喧噪に消えていく男女たち。
そんななかいまだ、
090105_175811.jpg
待ちぼうけの女二人。

まどかの最初のお相手となる中川君は、もうすぐこちらに着くらしいですよ。
楽しみにしててねまどか、もうすこししたら、まどか好みの、
殺し屋みたいな人が来るから。
今まで一度も彼女が「殺し屋が好き」と言ったことはありませんが、直感的な私の縁結びレーダーがそう訴えたのですよ。

トナカイ「中川君はハーレーで現れるからね」
まどか「ええっ!バイク乗ってるの?」

・・・トナカイよ。
なぜ嘘をつくのか。
自分のことでもないのに意味のない見栄を張るトナカイをたしなめていたその時。
来た!
中川
殺シニキマシタヨ…。

いや、単に「遅れてゴメンナサイ」という顔をしているだけなんですが、仕事で遅れてきたという中川智明氏。
その仕事っていうのがもう「一人二人殺って来たんじゃないか」とでも思わせる危険なムード。この写真からして、もう日本じゃないもんね。やっぱり。
そんな、遠くから歩いてくる姿からして「レオンか?」っつう荒涼感溢れる中川君を見たまどかさんの第一声は、
まどか「あーん…イイカモ…!
まどか中川
でしょ?こうして並んでみても、エエやっぱり、はまりすぎな感じ。
「雀荘に行って、カジノを流して、紹興酒をあおったらアジトへ戻りましょうよ」
そんな会話が聞こえてくるようです。

ともあれ、行ってらっしゃい!

RRRRR。
中川君たちを送り出した頃、トナカイの携帯に田中祐希から連絡が。
PICT0059.jpg
祐希「絶賛迷い中です・・・」
ミンランサンチンに辿り着けない祐希&直人ペア。
私の携帯をチェックすると、直人からも着信が入っていました。
え?徒歩3分って書いてあったけど。なんだか心配になったので、そろそろ私も店に向かうことにいたします。

ペアになる久保君も仕事で遅れてくるため、一番最初に来たにもかかわらず、一番最後まで残るハメになったハルテン。
090105_180510.jpg
ごめんねハルテン。待っててちょ。
嫌な顔ひとつせず、ニコニコと送り出してくれました。
待ち合わせをトナカイに託し、私は一足お先に予約したお店の方へ。

それにしても、実は少々不安なことが。
私は極度の方向音痴。通い慣れた稽古場や劇場ですらも迷うくらい。
一度なんか、下北はお馴染みの本多劇場にすらも辿り着けず、
道を人に尋ねたらそれが





w97-0097-080317.jpgエンクミだった
なんつうよくわからないラッキー(?)遭遇もあったりして、そんな私が果たしてチャンと店に辿り着けるのがかなり心配…!!
090105_181555.jpg
あっさり着いたわ。
え?!もの凄く道順通りで、簡単でしたけど。どうして迷ったんだろうか。もしかして誰も辿り着いていないのではなかろうか。
心配になり、二階の個室へ上がってみると…。
かたい1
みんな来てました。
おい!おまいらも着いてるじゃねーか!
かたい2
自分が迷わないかで頭がいっぱいだったクセに「もう!心配して損した☆」などと思う私。

ところで皆さん、テーブルに着いたは良いけど、
まだまだド緊張の面持ち
言葉数も少なく、よそゆきの笑顔でおりこうさん…普段彼らのギャハギャハしている面を知っている私は、その緊張が他人事だと思うと可笑しくてしょうがありません。
マア、もしも自分がこの中にいたら、ガチガチどころじゃないですけどね。
ほれみんな!リラックスしていきましょうよ!リラックス!
moblog_20389.jpg
↑リラックスの例(横山ヅラ)

アレ?
そういや、私より随分前に出たあの殺し屋ペア(←失礼)が来ていませんね。
カタマリ気味の一同に気を惹かれつつも、様子を見に戻ってみました。
香港路
香港路。
中華街大通りを脇に外れた細い路地には、所狭しと店が並び、その煌々と光るネオンとひと気の少なさがどこかゴールデン街を思わせます。
アダルティなムードと申しましょうか、すこし物寂しさを感させるこの通りの雰囲気も素敵。
そんな景色がナチュラルボーンにはまるのは、そう、例えばあそこにいるカップル…。
迷う二人
やはり迷っていたんだね。
「最初から違う道行っちゃった」
香港路を前に、殺し屋カポーは立ち尽くしていたのでした。

一方、朝陽門には既に久保貫太郎が到着し、ハルテンと共にこちらに向かっているというトナカイ情報が。
だとすれば、そろそろ店にも着いているはず…、いた!

え・・・?

・・・お、おい!!
PICT0075.jpg
もう手を繋いでいるのか!!?
何?この早さ!
さぞやモジモジよろよろしながら歩いてくるだろうと思っていたら、予想に反してアグレッシブな登場。私のコレまでのデエト遍歴からして、そういった展開はエンディング間近のハプニングなはずじゃ?!

【トナカイ情報】
kantaharuten.jpg
トナカイ「イヤーカンタはジェントルだったよー。ハルテンと対面したらすぐ、「じゃ、行こうか」なんつってさ、スッと手を取って歩いてったの」

約一年前は、こんなだった久保君。

するめくん
するめくわえてTDL。
ちょっと見ぬ間に大人になりました(涙)。

さあこれでついに、全員集合です!
いよいよお待ちかねの、本格四川料理はミンランサンチンのコースディナーに参りましょうか!

本日のコースは…

・二種冷菜盛り合わせ
・カニ肉入りフカヒレスープ
・小エビのチリソース煮
・イカのオイスター炒め
・青梗菜のカニ肉入りあんかけ
・麻婆豆腐
・チャーハンまたは担々麺
・杏仁豆腐


まあっ!充実のラインナップ。
これでたったの2100円とは、かなりお得なコースです。
二階の個室を貸し切って円卓を囲んだ皆さんは、
小劇場界の満漢全席ダネ!!(なんのこっちゃ)
かたい4
18:10。
どこかぎこちない雰囲気ながら、宴席が始まりました!
皆、内心ドキドキのことでしょう。一生懸命喋ってる感じ。
直人大丈夫か?!だいぶボンヤリしていますが?!
左端のまどか、このチーンと大人しい座りよう!!
先日一緒に呑んだときは、綺麗だネーと知らないオッサンに声をかけられ、
「あばずれですけどイイデスカ!!」と叫び、
オッサン相手に、「来いよ」と凄んでいた女子とは別人です。
かたい3
葛木はどうしてもピースしてしまうようです。修学旅行生か。
こちらもまだまだカタイ様子。これはもう、この店特製の絶品・担々麺で心をほぐして頂くほかありませんな。

ところで・・・。

まだ序盤にもかかわらず、すっかりほぐれた人間が約一名。
もうのむ1
もう呑んでます。
この人(トナカイ)、合コン前にメンバーへコース料理の予算希望を聞くメールを配信していたら、

トナカイ「中華料理いいねー!でも参加者の皆さんに合わせます☆」

…なる返事を真っ先に帰してきたのですが、
あのねトナカイ。
私たちは、コースじゃありませんヨ・・・。
トナカイ「あ、そうなの?」
何を参加する気になっているのか。あくまで私たちはホスト。
参加者たちと違い、我々は別席にて、単品の担々麺をすするんですよ!
鹿は良い気分
トナカイ「あ、そう。すいません、ハハハハハ」

野放しの鹿を突っ込み倒している暇などありません!
さっさとディナーを始めましょうや!

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。